Skip to content

既存住宅状況調査技術者講習

平成28年6月に宅地建物取引業法が一部改正され、平成30年4月から既存住宅の売買時に 「既存住宅状況調査」に関する説明が
義務付けられます。
そして、既存住宅状況調査の実施は、登録機関の講習を終了した建築士のみに認められており、 建築士の新たな業務として
期待されています。
※お申し込みは日本建築士会連合会HPから

【従来の建築士会インスペクター登録との違い】
従来のインスペクター登録は、長期優良住宅化リフォーム推進事業における現況検査を行うためのものであり、
既存住宅状況調査は実施できません。
ただし、従来のインスペクター登録者を対象として、規定の講義の一部を免除した「移行講習」を設けております。
なお、建築士会以外の団体に登録している従来のインスペクターの方でも、
本講習を受講することで既存住宅状況調査技術者の登録が可能です。

【全国の建築士会が講習会を実施】
日本建築士会連合会は、既存住宅状況調査技術者講習団体として国土交通省に登録されました。
今後、全国都道府県の建築士会が講習会を実施する予定です。
建築士の方はぜひこの機会に建築士会の講習を受講いただき、新たな建築士業務の資格を取得してください。

【受講のメリット】
①建築士だけに認められた業務である「既存住宅状況調査」の技術を幅広く習得
国土交通省告示「既存住宅状況調査方法基準」に基づく調査方法や、関係法令、
調査報告書の記載方法などの幅広い知識を身につけることができます。
②公益社団法人に登録することにより高い信頼性を消費者等へアピール
本講習修了者は、建築士法に基づく公益社団法人である日本建築士会連合会のホームページで公表しますので、
消費者等へ高い信頼性をアピールできます。
③既存住宅状況調査結果を活用した既存住宅売買瑕疵保険への加入が可能 
④長期優良住宅化リフォーム推進事業における現況検査も可能となる予定
⑤建築士会CPD5 単位(移行講習は3 単位)を付与  
講習修了者には、官公庁の設計・工事入札に活用できる建築士会CPD 単位を付与します。

【新規講習】

開催日 会場 定員 CPD 受付開始時間 時間割 申込状況
平成29年8月30日(水) (公社)愛知建築士会
名古屋市中区栄2-10-19名古屋商工会議所ビル9階
80名 5単位 9:20~ PDF 終了
平成29年10月25日(水) (公社)愛知建築士会
名古屋市中区栄2-10-19名古屋商工会議所ビル9階
80名 5単位 9:20~ PDF 終了
平成29年12月22日(金) (公社)愛知建築士会
名古屋市中区栄2-10-19名古屋商工会議所ビル9階
80名 5単位 9:20~ PDF 満席

▼受講対象 一級、二級、木造建築士
▼ 受講料   21,600 円【WEB申込:21,060 円】(税込)

【移行講習】

開催日 会場 定員 CPD 受付開始時間 時間割 申込状況
平成29年7月26日(水) (公社)愛知建築士会
名古屋市中区栄2-10-19名古屋商工会議所ビル9階
80名 3単位 13:00~ PDF 終了
平成29年9月15日(金) (公社)愛知建築士会
名古屋市中区栄2-10-19名古屋商工会議所ビル9階
80名 3単位 13:00~ PDF 終了
平成29年11月29日(水) (公社)愛知建築士会
名古屋市中区栄2-10-19名古屋商工会議所ビル9階
80名 3単位 13:00~ PDF 終了

▼受講対象
国土交通省の長期優良住宅化リフォーム推進事業のインスペクターとして 講習登録団体に登録されている建築士(一級・二級・木造)
※建築士会登録以外の、他団体登録インスペクターの方でも受講できます。
▼ 受講料   17,280円【WEB 申込:16,740円】(税込)